手持ちの5000万円をどのように運用するか|リスクも考えて投資

合理的な資産形成

マネー

資産を運用する場合には保有する資金に合わせて、最適な投資対象を厳選するのが、リスクを軽減するコツです。そして株式の配当や債券の利子には約20パーセントの税金がかかるので、納税金額を減らす取り組みも必要です。満期になった定期預金を活用して5000万円を運用したいときには、NISAや確定拠出年金などの制度を活用することで、支払う税金を減らせるでしょう。個人型の確定拠出年金であれば利用可能な人が多く、主婦や公務員や自営業者が老後に向けて資産運用をしたいときにも最適です。特に積み立てる時には全額所得控除になり、運用益も非課税の対象なので、5000万円を目標に資産総額を増やすときにも役立つでしょう。またNISAの非課税枠は小さいですが、高利回りの金融商品を組み合わせると、支払う税金を大幅に減らすことも可能です。一方で5000万円前後のまとまった資金を運用したいときには、賃貸アパート経営を始めるのが良い方法です。アパート経営に興味を持つ人が魅力を感じているのは、評価額を下げて相続税の支払い金額を節約できる点です。土地の場合には路線価の8割程度の評価額であり、賃貸経営時の控除制度も併用することで、納税金額を大きく減らせるでしょう。しかし税金を減らすことも重要ですが、将来的に資産を大きく増やすことが最も大切なので、慎重に投資対象を選ぶ努力が必要です。3パーセント以上の利回りを確保して、10年後には評価額を3割以上高めることが、5000万円を運用する場合の最終目標です。

メンズ

投資のリスクを見極める

投資信託を購入する時は、リスクとリターンの関係を知ることが大切です。株式などの比率が大きい投資信託は、リターンも高くなりますが、リスクも高くなります。投資信託ではキャピタルゲインやインカムゲインを得ることができます。

株

メリットを知って多角的に

fxは国内・海外口座と分かれており、運用方法も多角的になっているので、メリットを理解して活用することが重要です。レバレッジのかけやすさ、追証のない運用、追加入金してもある入金ボ−ナスといったユーザー目線でお得な運用ができます。

​​​​​
お金

増え続ける配当金が魅力

ドンキホールディングスの株価は、近年1株あたり3500円から4500円で推移しており、最近は業績が好調なため上昇基調です。ディスカウントストアはデフレに強い銘柄として知られているため、ポートフォリオに組み込むことで、将来のデフレに備えることができます。